しっかり保湿!化粧水を使ったスキンケア

ハンドプレスでたっぷりと二度づけ

毎日のベーシックなスキンケアに欠かせない必須アイテムと言えば、肌に潤いを与えて土台作りをする役割を持つ化粧水です。化粧水の使い方には様々なものがありますが、最もポピュラーなのがハンドプレスです。手のひらに化粧水を適量とり、顔全体に両手で包み込むように馴染ませるという方法です。ハンドプレスする前にブースターを使って化粧水が浸透しやすい状態に整えておいたり、二度づけしたりすると保湿力が格段にアップします。化粧水の量をケチらず、たっぷりと使って二度づけすることが大事なポイントとなります。価格帯が高めな化粧水をケチって少量使用するよりも、プチプラな化粧水をたっぷり使用するほうが保湿ケアとしては効果的です。

シートマスクでじっくりと浸透させる

化粧水を使った保湿ケアにおいて心がけるべきことは、角質層の奥の方まで確実に潤いを行き渡らせるということです。シートマスクを使えば、それを簡単に実現させることが出来ます。化粧水をたっぷりとしみ込ませたシートマスクを顔全体に被せ、3~5分程度かけてじっくりと潤いを浸透させます。顔にシートマスクを被せた状態でシートの表面に乳液を塗り、それをひっくり返せば浸透した潤いを閉じ込めて潤いキープ力を高めることも出来ます。シートマスクが無い場合は普通のコットンを使ってもOKです。とくに念入りにパックすべき部分は、乾燥しやすい目元や口元です。目元や口元はシワやたるみなどのエイジングサインが出やすい部分でもありますので、集中的に潤いチャージをすべきです。